徹底比較!フィナステリドvs.デュタステリド

フィナステリドとデュタステリドの効果、副作用、個人輸入の商品別に比較します。

作用比較:プロペシア vs. ザガーロ

男性型脱毛症はAGAと呼ばれる症状です。

最近薄毛や抜け毛が目立つようになってきたと思ったらそれはAGAかもしれません。
AGAの症状である場合には専用の治療を行わなければ改善しません。専門の治療をしっかりと行う必要があるのです。
AGAに対して効果的である外用薬や内服薬を使って治療するとより効果的に改善することができます。
最近ではAGA専門のクリニックもあります。
クリニックで受診するとより的確に処方してもらうことが可能となっています。

そんなAGA治療に対して効果的である内服薬に、プロペシアザガーロの2種類の医薬品があります。
プロペシアザガーロの特徴や作用の違いについてご説明いたします。

まずプロぺシアですが、5α−還元酵素?型阻害薬であり2型の5α−リダクターゼを阻害することにより、テストステロンという男性ホルモンが男性型脱毛症AGAの原因となってしまうジヒドロテストステロンに変換されてしまうことを防いでくれる作用があります。
国内初の内服用AGA治療薬として販売されています。
プロペシアの主要な有効成分はフィナステリドで主に頭頂部の薄毛に対してとても効果的な内服薬です。

またザガーロは5α−還元酵素?型?型阻害薬で国内で2番目に承認された内服型AGA治療薬となっています。
2型だけではなく1型の5α−リダクターゼに対しても作用するという特徴があります。
ザガーロは頭頂部のみだけでなく前頭部の薄毛に対しても強い発毛効果を期待することができる内服薬です。
主要な有効成分はデュタステリドで前頭部と頭頂部に対して主に効果を発揮します。
ですのでプロペシアに比べてザガーロのほうが効果が高いといわれているんですね。

プロペシアも前頭部に対しての効果が全くないというわけではありません。
ですが確実に前頭部に対しても作用するザガーロのほうが全体的な効果が高いといえるでしょう。

髪の毛の薄毛や抜け毛で悩んだら早めの処置が大切です。
AGAは放っておいても改善されるものではありません。
むしろ進行型になっていますから、放置しておいてしまってはどんどんと症状が進んでいってしまうのです。
ですからできるだけ早めに症状を改善するために治療する必要があります。
ですので薄毛や抜け毛が気になるようになってきたら早めに治療を行うようにしてください。
副作用のリスクも考えられますが、内服薬であるプロペシアザガーロを服用することで効果を得られます。

いずれにしろ、評判の良いAGAクリニックで医師の診察を受けることをお勧めします。