徹底比較!フィナステリドvs.デュタステリド

フィナステリドとデュタステリドの効果、副作用、個人輸入の商品別に比較します。

作用比較:プロペシア vs. ザガーロ

男性型脱毛症はAGAと呼ばれる症状です。

最近薄毛や抜け毛が目立つようになってきたと思ったらそれはAGAかもしれません。
AGAの症状である場合には専用の治療を行わなければ改善しません。専門の治療をしっかりと行う必要があるのです。
AGAに対して効果的である外用薬や内服薬を使って治療するとより効果的に改善することができます。
最近ではAGA専門のクリニックもあります。
クリニックで受診するとより的確に処方してもらうことが可能となっています。

そんなAGA治療に対して効果的である内服薬に、プロペシアザガーロの2種類の医薬品があります。
プロペシアザガーロの特徴や作用の違いについてご説明いたします。

まずプロぺシアですが、5α−還元酵素?型阻害薬であり2型の5α−リダクターゼを阻害することにより、テストステロンという男性ホルモンが男性型脱毛症AGAの原因となってしまうジヒドロテストステロンに変換されてしまうことを防いでくれる作用があります。
国内初の内服用AGA治療薬として販売されています。
プロペシアの主要な有効成分はフィナステリドで主に頭頂部の薄毛に対してとても効果的な内服薬です。

またザガーロは5α−還元酵素?型?型阻害薬で国内で2番目に承認された内服型AGA治療薬となっています。
2型だけではなく1型の5α−リダクターゼに対しても作用するという特徴があります。
ザガーロは頭頂部のみだけでなく前頭部の薄毛に対しても強い発毛効果を期待することができる内服薬です。
主要な有効成分はデュタステリドで前頭部と頭頂部に対して主に効果を発揮します。
ですのでプロペシアに比べてザガーロのほうが効果が高いといわれているんですね。

プロペシアも前頭部に対しての効果が全くないというわけではありません。
ですが確実に前頭部に対しても作用するザガーロのほうが全体的な効果が高いといえるでしょう。

髪の毛の薄毛や抜け毛で悩んだら早めの処置が大切です。
AGAは放っておいても改善されるものではありません。
むしろ進行型になっていますから、放置しておいてしまってはどんどんと症状が進んでいってしまうのです。
ですからできるだけ早めに症状を改善するために治療する必要があります。
ですので薄毛や抜け毛が気になるようになってきたら早めに治療を行うようにしてください。
副作用のリスクも考えられますが、内服薬であるプロペシアザガーロを服用することで効果を得られます。

いずれにしろ、評判の良いAGAクリニックで医師の診察を受けることをお勧めします。

効果比較:プロペシア vs. ザガーロ

AGAという男性型脱毛症の治療に対して効果のある内服薬としてプロペシアザガーロといった治療薬が出ています。

個人輸入代行業者で販売されていたりまたAGAクリニックで処方してもらうことが可能となっています。
内服薬のプロペシアザガーロなんですが、どちらも同じAGA治療に効果がある内服薬であるということに違いはありませんが、ではほかにどういった違いがあるものなのでしょうか。
プロペシアザガーロの効果に関して比較してみました。

プロペシアザガーロについてですが効果はザガーロのほうが高いといわれているのです。
まずは主成分に違いがありますが、プロペシアは主要成分がフィナステリドザガーロデュタステリドなんですね。

そしてザガーロの販売元であるグラクソ・スミスクライン社が実験結果を発表しました。
その内容というのが、フィナステリド1mgを服用した場合とザガーロ0.1mgを服用した場合、ザガーロ0.5mgを服用した場合で効果の出方を実験したところ、結果的にフィナステリドよりもザガーロのほうが大体1.6倍程度効果があったとされているんですね。
フィナステリドの1.6倍効果があるということが立証されたわけです。
どちらも効果があるのにはあるのですが、ザガーロのほうが高い効果があったということです。

また髪の毛の生えた量だけではなく髪の毛の太さにおいてもザガーロのほうが増加しているとされています。
ですのでこれらのことによりフィナステリドを主成分としているプロペシアと比べてもザガーロのほうが効果が高いということになります。

そんなプロペシアザガーロなんですが、日本皮膚科学会が脱毛や薄毛に対して最も有効である医薬品としてプロペシアとリアップであると発表しています。
プロペシアは効果としてはザガーロの方が上回っているかもしれませんが、今の所、日本皮膚科学会に認められているのはプロペシアであるということになります。


この二つのAGA治療のための内服薬は他にも副作用や値段などにおいても違いがあります。
ですのでしっかりと二つの効能効果やほかの部分に対してもしっかり知ったうえで比較してどちらを使用するのかを決めるというのもよいでしょう。

その際、ネットなどの口コミの評判でAGAクリニックを探し、医師に相談してみるという方法がお勧めですね。医師の判断に従って使用するとよいでしょう。

両方とも効果的であることに違いありません。
気になる抜け毛や薄毛などの悩みについて解決することができる医薬品になります。

AGAについて

男性の方で最近薄毛や抜け毛が目立つようになってきたなと感じたらそれはもしかしたらAGAと呼ばれる症状かもしれません。

AGAとは何かということですが、男性型脱毛症という症状のことをAGAと呼んでいます。
成人男性に対して多く見られる髪の毛が薄くなる症状のことですね。

額の生え際や頭頂部の髪の毛から薄くなります。
どちらか一方から薄くなってくることもありますし両方から薄くなってくることもあります。
抜け毛がどんどん進行していってしまうことで薄毛が目立つようになってきます。
このAGAの原因としては一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが考えられるとされているのです。

AGAですが実は放っておいてしまうとどんどんと進行していってしまう症状です。
放置しておいたからと言って改善されるわけではありません。
症状が余計にひどくなってしまうだけなのです。
ですから少しでも髪の毛が薄くなってきたなとか、抜け毛がふえてきたななど気になることが出始めたら早めに治療などの対策をされることをお勧めします。
治療は早いうちから始めたほうがいいでしょう。
どんどんと髪の毛が減り続けることになってしまいます。

AGAは髪の毛のヘアサイクルの成長期においてジヒドロテストステロンという男性ホルモンが邪魔をしていることが原因であるともされています。
髪の毛が抜け落ちていってしまっている部位にはジヒドロテストステロンの濃度がとても高くなっているということから、ジヒドロテストステロンがヘアサイクルの成長期を短くしてしまっている原因物質であると考えられています。

ですがAGAの症状が出てきたからといってそのまま諦めてしまう必要はありません。治療をすることにより改善することが可能な症状となっています。
できる限り早いうちに治療を開始することによって早い時点でAGAを改善することや予防することも可能となっているのです。
ですので気づいたらすぐに治療を開始するようにしましょう。

最近ではAGA治療のための専門的なAGAクリニックや病院などがあります。
ですのでそういったところを受診して医師の診断を受けるということがお勧めです。
医師にAGAであるということを診断されたら治療薬などを使用して治療していくこととなるでしょう。
AGA治療薬として外用薬や内服薬があります。
そのどちらも副作用のリスクはあるものなのですが、高い効果を得ることができるでしょう。

広告を非表示にする

ザガーロとは?

成分名デュタステリドで2016年に厚生労働省AGA治療薬として承認された薬で、プロペシアよりも高い効果で知られています。評判のAGAクリニックではどこでも処方されます。

なお、デュタステリドという成分を使った薬で、アボルブアボダート)という薬もあります。これは前立腺肥大症の薬です。

また、Veltride(ベルトリド)という薬もありますが、これはジェネリックです。

広告を非表示にする

プロペシアとは?

AGA治療の標準薬。評判の良いAGAクリニックならどこでも処方してくれる特効薬でその発毛効果はほぼ100%です。成分の名前をフィナステリドと言います。

なお、同じフィナステリドを成分とする薬でプロスカーという前立腺肥大症の薬があります。こちらはプロペシアが1mgであるのに対して5mgと大容量です。

 

広告を非表示にする