徹底比較!フィナステリドvs.デュタステリド

フィナステリドとデュタステリドの効果、副作用、個人輸入の商品別に比較します。

ザガーロとアボルブの違い

最近日本で認証されたAGA治療薬の内服薬のザガーロですが、このザガーロデュタステリドが主要成分となっている医薬品になります。

デュタステリドが作用することによって男性型脱毛症であるAGAに対して効果を発揮することができるというものです。
そんなデュタステリドが主要成分である医薬品としてザガーロ以外にもアボルブという医薬品があります。
同じデュタステリドが配合されているということですが、ザガーロアボルブの違いはどういった点にあるのでしょうか。

実は両方とも配合されている成分は全く同じです。
また販売元である会社も、グラクソスミスクライン社でありこちらも両方とも同じなんですね。
ますます違いが判らなくなってきました。

でも全く同じような医薬品に見えても違いがあります。
それはザガーロが最近日本で承認されたAGA治療薬であるというのに対して、アボルブは実は以前から日本で販売されている医薬品なのです。
ですがそれはAGA治療薬としてではありません。
前立腺肥大症の治療薬としてアボルブは以前から販売されているのです。

アボルブ前立腺肥大症の治療だけでなくAGAの治療に対しても効果があるということが分かりました。
そして海外においてAGA治療薬として使用されるようになりました。
そして日本でもついに2015年8月28日にAGA治療薬として承認されたのです。
そして同年12月ごろAGA治療薬として販売されることになります。
ただし目的をAGA治療とした製品名をザガーロとして販売されたのです。

ですから成分や販売元の会社などは同じであっても使用目的が違うことによって名称も変えられました。
ザガーロは男性型脱毛症であるAGAに対して、そしてアボルブ前立腺肥大症に対して効果的な医薬品であるとして販売されたり医師から処方されたりしているのです。
ザガーロはAGA治療薬、アボルブ前立腺肥大症の治療薬として保険が適用されています。
異なる適応症に使用した場合は保険が適用されません。
成分が同じだからといっても保険は適用されないということになっているので注意してください。

ですが結果的にザガーロアボルブの両方どちらともに主要成分として配合されているデュタステリドは、AGAに対しても前立腺肥大症に対しても効果があるということになります。
ですからザガーロの代替品としてアボルブを使っている方も中にはいらっしゃるようです。

手に入れ方ですが、どちらも医師の処方箋がないと使ってはいけない医薬品です。必ずAGA病院などで処方してもらうようにしてください。できれば評判や口コミをしっかり見てAGA病院選びをした方が良いですね。

病院に行きたくない方は、個人輸入で手に入れることもできますが、リスクが伴う事を十分注意してください。
なお、個人輸入代行業者を通じて買う場合、ザガーロ(成分名デュタステリド)の代替品としてベルトリドという商品が値段が安いと人気です。

デュタステリドの人気商品

割と最近ではありますが、日本でAGA男性型脱毛症に対して効果的であるAGA治療薬としてザガーロが承認されました。

ザガーロデュタステリドAGAに対して有効的な成分として主要成分になっている医薬品です。内服薬です。

そんなザガーロなんですが、実は承認されるまでにも日本国内で全く同じものが承認されて取り扱われていました。
それがアボルブという医薬品です。
アボルブザガーロは名称が違うだけで販売元の会社も同じですし、成分や容量といった中身についても全く同じになります。
ですがアボルブは今まで前立腺肥大症のための治療薬として承認され使用されてきていました。
ですがそのアボルブAGA治療薬として再び承認されたものがザガーロということになるのです。

ザガーロはとても効果が高いとして評判も高くなっています。
フィナステリドに比べてもなんと1.6倍も高い効果があるといわれています。
そんな承認され始め、ネット上の口コミや評判を見るとAGAクリニックで、とても人気となっているザガーロなんですが、やはり価格がかなり高いです。
ザガーロはなんとプロペシアよりも値段が高くなっているんですね。
こういったAGA治療薬は長い期間服用し続けなければいけませんし、毎日服用するものですからやはり値段が高いとなるとかなり費用が掛かってしまうことになります。
ですから少しでも安く購入したいと考える方も多いかもしれません。

個人輸入で購入すると比較的安い価格で購入できますが、信頼できる実績のある個人輸入代行業者のオオサカ堂では残念ながらザガーロは取り扱っていないようです。
またアボルブもオオサカ堂では取り扱っていません。
ですがこのアボルブジェネリック医薬品としてVeltrideが販売されています。
ベルトリドという製品なのですが、ジェネリック医薬品ということもありかなり価格が安いんです。
そして主要成分はデュタステリドザガーロと同じくAGA治療に対しても高い効果を得ることができるのです。
ザガーロの代替品として使用することが可能でしょう。
やはり値段が安いということでとても人気の高い商品となっているようです。

Veltrideデュタステリド薬としては一番安い医薬品であるといえます。
なのでAGA対策としてザガーロを購入し続けるよりもベルトリドを購入したほうが費用が安く済むという特徴があります。
個人輸入をするにしてもオオサカ堂などの信頼できる業者から購入するべきです。
偽物を購入させられてしまう可能性もあるからです。

プロペシアとプロスカーの違い

フィナステリドという成分はAGAに対して高い効果があるとされている成分です。

そしてそのフィナステリドを配合している医薬品としてプロペシアがあげられます。
日本においてフィナステリドを配合しているAGAに効果的な内服薬として認可されている医薬品です。
AGAクリニックなどを受診して医師に処方してもらったり、また個人輸入によっても手に入れることが可能となっています。

そんなプロペシアについてなんですが、元は前立腺肥大症に対する医薬品でした。
フィナステリドが成分であり、前立腺肥大症の治療薬として使用されていました。
その際に副作用に発毛効果を認められたのです。
そしてAGA治療薬としてプロペシアという製品が誕生することとなりました。

薄毛や抜け毛といった男性の悩みとしてAGAであることが多く考えられます。
そしてそのAGAに対して改善するために効果的である成分がフィナステリドであり、そのフィナステリドを1mg配合した医薬品がプロペシアであるということになります。

ですがそんなフィナステリドの医薬品は実はプロペシア以外にもあります。
それがプロペシアと呼ばれる製品です。
まずフィナステリドプロスカーの違いについてですが、これは成分か製品かということになります。
フィナステリドは成分の名称です。
AGAに対して効果的な成分です。
そしてプロスカープロペシア同様、医薬品の製品名になります。
プロスカープロペシアと同じように、有効成分であるフィナステリドを含んだ医薬品となっています。

そんなプロスカーなんですが、ではプロペシアとの違いってなんなのでしょうか。
それは配合しているフィナステリドの量に違いがありました。
プロペシアフィナステリドを1mg配合しているのに対してプロスカーフィナステリドを5mg配合しています。
なんとプロペシアの5倍の量なんですね。
効果は高いかもしれませんが、配合量が多い分副作用のリスクが上がってしまう可能性があります。

またそれ以外の違う点としては、プロペシアは日本で認証されているのに対してプロスカーは日本では認可されていません。
ですのでプロスカーを手に入れようとした場合は個人輸入評判の良いAGAクリニックでしか手に入れることができません。
個人輸入はあくまでも自己責任の下で行うというものになりますから信頼できる業者で購入するようにしてください。
副作用のある医薬品ですからリスクも伴いますので、クチコミなどを見てよいAGAクリニックで処方してもらうのが一番良い方法です。
またプロスカーは目的が前立腺肥大症の改善となっています。

フィナステリドの人気商品

フィナステリドという成分が配合されているものとしてプロペシアがあげられます。

フィナステリドは男性型脱毛症であるAGAに対して有効的であるということが証明されている有効成分になります。
そのフィナステリドを主要成分として作られている医薬品がプロペシアなんですね。
プロペシアは内服薬ですから副作用の危険性はあるものの、AGAの治療薬としてとても高い人気を誇っている商品になります。

プロペシアは様々な医療機関AGA専門のクリニックなどで処方してもらうことが可能な医薬品です。
とても効果が高いとして評価も高い医薬品です。
ですがそんなプロペシアにもデメリットがあります。
効果としては高いんですが副作用の可能性もあるし、さらには値段がかなり高いという点がデメリットになっています。

プロペシアを服用するにあたってAGAに対して効果を出そうと思ったら長期間服用していかなければいけません。
毎日長期間にわたって飲み続けるという必要性が出てきます。
そうなってくるとその分のプロペシアを購入するのにかなりの費用が掛かることになってしまいます。
プロペシアを服用したいけれど費用が高くて買えないという方も多いです。
また個人輸入だと医師に処方してもらうよりも比較的安く買えるという特徴もありますがそれでもどうしてもお値段は高くなっています。

そこでプロペシアジェネリック医薬品として販売されている医薬品があります。
それがフィンペシアなんです。
フィンペシアプロペシアと同じようにフィナステリドが配合されていて効果も高いとして、高い評価を得ています。
実績もありますし、また大きな健康被害を受けたという報告もまだないので安全性も高いといえるでしょう。
そのフィンペシアプロペシアに比べてかなり安い価格で購入することができます。
ですからお金が気になるという方はフィンペシアの購入を検討されてみてはいかがでしょうか。

またフィンペシア個人輸入する場合もかなり安い価格で購入することができます。
個人輸入代行として有名な業者にオオサカ堂があります。
オオサカ堂は比較的信頼できる業者であるといえると思います。
またオオサカ堂でももちろんフィンペシアを取り扱っているのですが、偽物ではないという証拠に成分鑑定を行ってその結果を商品ページに掲載しています。
ですので間違いなく本物ですから安心して購入していただくことが可能です。
安い値段で買えるのはうれしいですね。

取り扱い病院:プロペシア vs. ザガーロ

 

薄毛やAGAの症状に対してとても効果的であるプロペシアとザガーロといった内服薬なのですが、このプロペシアとザガーロはどこで手に入れることができるものなのでしょうか。
プロペシアとザガーロは医薬品になっていますから医療機関で手に入れることができるようになっています。
ではどういった医療機関で手に入れることができるものなのでしょうか。

まず医療機関を受診する必要があります。
診察を受けてAGA、つまり男性型脱毛症であると診断される必要があります。
プロペシアとザガーロはAGAに対して効果があるとされている医薬品です。
ですので薄毛や抜け毛の原因が男性型脱毛症ではなかった場合には、プロペシアやザガーロを使用したとしても効果を得られないのです。
ですので医師にAGA男性型脱毛症であるということを診断してもらい、そのうえでプロペシアやザガーロといった治療薬を処方してもらうという必要があるんですね。

プロペシアやザガーロを処方してもらうことができる医療機関としてまずは皮膚科があります。
男性型脱毛症は頭皮なども関係しているので皮膚科を受診することもできます。
だけど皮膚科でプロペシアやザガーロを取り扱っているところは少ないので事前に取り扱っているかどうかを確認しておく必要があるんですね。

それからまたザガーロの場合は皮膚科での処方はお勧めできません。
というのもザガーロは発売されてまだ間もない医薬品です。
そのためザガーロを入手している数も少ないですし症例についてもどうしても少なくなっているんです。
やはり専門的なクリニックのほうが症例数は多いです。
ですので不安な面もありますから皮膚科での処方はお勧めできません。
(皮膚科は薄毛治療の専門家で安心して受診できますので、残念ながらここは明らかに事実に反しています)


ではどこがお勧めできるのかといいますと、それはAGAクリニックです。
最近ではAGA男性型脱毛症の専門的な治療期間として、AGAクリニックがとても多く展開されています。
やはり専門的な機関ということで症例も多いですし、また専門的な知識や技術なども豊富で安心して受診して、医薬品も安心して処方してもらうことができます。
ですので信頼を置くことができる医療機関AGAクリニックという専門的なところで処方してもらうのが一番お勧めな方法です。これはプロペシアとザガーロの両方において言えることです。ただ、AGAクリニックと言っても金儲け主義の所も多いそうですので、良い評判や口コミのAGAクリニックを選ぶようにしましょう。

また病院で処方してもらうのではなく、個人輸入で手に入れるという方法もありますが、危険性もあるのでご注意ください。

 

薬代比較:プロペシア vs. ザガーロ

薄毛でお悩みの方にお勧めすることができるものがAGA治療薬であるプロペシアザガーロになります。

薄毛であるということは男性の場合、男性型脱毛症である可能性が高いということになります。

ですのでAGAであった場合には専用の治療を行う必要があるんですね。

AGAはその原因が解明され、その原因を解決する専用のAGA治療薬がありますので、その服用が効果的です。

 

そのAGA治療において内服薬の服用がより効果的だといわれています。

内服薬の場合、どうしても副作用はつきものとなってしまっていますが、高い効果を得られる方法が内服薬の服用なのです。

 

ですが内服薬を服用するにあたって気になるのがその費用ですよね。

長期間服用し続ける必要がありますが、服用し続けるとなるとどうしても費用が気がかりになってしまうことでしょう。

AGA治療薬の内服薬として販売されたり処方されているものに、プロペシアザガーロがあります。

プロペシアザガーロの価格について比較してみました。

 

まずプロペシアザガーロを手に入れる方法としてはAGAクリニックで医師に処方してもらう方法や個人輸入で手に入れるという方法があります。

AGAクリニックでの処方の場合はプロペシアは1か月分で大体7000円から8000円程度のところが多いです。

それぐらいが相場となっていますね。

ですがザガーロはそれよりも値段が高くて8000円から9000円が相場です。

また自由診療ですから中には10000円以上に設定されているところもあるのです。

かなり高額で処方してほしくても支払えなくて悩んでいる方も多いと思うんですね。

 

ですが個人輸入をすると比較的安い価格で購入することができます。

またザガーロは実は名称が違う別の商品で販売されていたんです。

それがザガーロという製品です。

ザガーロ前立腺肥大症に対する医薬品として同じグラクソスミスクライン社から販売されているものです。

ザガーロザガーロは名前が違うというだけで入っている成分は全く同じなのです。

ザガーロ個人輸入を行うことでかなり格安な価格で手に入れることができます。

 

ですが、個人輸入はあくまでも自己責任となります。

副作用もあるものなのであまりお勧めできるものではありませんが、値段を少しでも抑えたいという方にはお勧めです。

副作用について理解したうえで輸入をするようにしましょう。

AGA病院で処方してもらうよりも個人輸入のほうが値段がリーズナブルとなっていて安く手に入れることができるでしょう。

 

副作用比較:プロペシア vs. ザガーロ

 

とても効果が高いとされているAGA治療薬の内服薬なんですが、二つはどちらもAGAに対して効果があります。
ですがその二つは全く同じものではありません。
違いがあります。

このプロペシアザガーロの違いについてですが、副作用にも違いがあります。
まずAGA治療薬は医薬品ですので、必ず副作用は存在することとなっています。
医薬品は効果がある一方で必ず副作用はつきものなのです。
ですから副作用に付いてどういった副作用が起こる可能性があるのか知っておかなくてはいけません。

特にプロペシアザガーロは両方ともに内服薬になります。
内服薬は直接飲んで体内に成分を入れて体の内側から作用するという医薬品になっています。
ですから副作用は比較的強いと考えられます。
AGA治療薬である外用薬でも副作用は起こる可能性がありますが、それよりも内服薬のほうが副作用は強いといわれています。

そんなプロペシアザガーロの副作用に付いてですが、まずはプロペシアの副作用についてご説明します。
プロペシアの副作用では主な症状として勃起機能不全、性欲減退、肝機能障害、全身倦怠感などがあげられます。
発生する可能性は低く安全性が高いのですが、完全に副作用が起こらないとは言えません。
国内における1年間の臨床試験プロペシアの副作用の発現率は4.0%です。
ですが内訳では偽薬による効果測定で2.2%になっているのでプラセボ効果におけるものである可能性も高くなっています。
長期投与における副作用の発現率も低く非常に安全性が高いといえます。

そしてザガーロについてですが、販売元によれば実際に557例の副作用が確認されているようです。
ザガーロの主な副作用の症状としては、勃起機能不全、精液量減少、性欲減退があります。
またほかにも肝機能障害や黄疸といった重大な副作用があげられます。
ザガーロプロペシアに比較すると少し副作用のリスクが高い傾向にあります。
ですが誤差がある可能性やプラセボ効果も考えられますのでそこまでプロペシアザガーロの副作用のリスクに実質的に差はないのではないかともいわれています。

またザガーロの場合には以前から日本国内ではザガーロ、海外ではザガーロといった名称で前立腺肥大症の治療薬として使用されていました。
ですから実質的には名前を変えただけなので新薬ではありません。
ですから今まで以上に副作用が生じてしまうようなリスクは低いといえるでしょう。

なお、ザガーロプロペシアも処方箋の必要な医薬品ですので、AGAクリニックに行ってくださいね。